STAGE

浜崎航 meets 松本茜trio

念願のカップリングでの演奏が遂に実現。ストレート・ジャズの魅力を!

  • 浜崎航

    浜崎航(sax)

    現在日本のジャズシーンを牽引する若手実力派サクソフォン奏者。 自己のグループや堀秀彰とのコラボユニット’ENCOUNTER’のほか、大坂昌彦カルテット、安カ川大樹FEJE、三木俊雄フロントページオーケストラ、佐山雅弘M’sといった国内最高峰のジャズグループで活躍。 近年ではクラブジャズのカリスマ小林径率いるROUTINEJAZZQUINTETのプロジェクトにも参加。 またその類まれなフルーティストとしの能力も高く評価され、ジャズのみならずタンゴ、フラメンコといった分野でも第一線で活躍している。 現在日本が世界に誇る石森管楽器のオリジナルサックスのエンドーサーも務め楽器開発にも関わる。 バークリー音楽大学奨学金獲得。 これまで菅原彰司、JAY THOMAS、BILL PERKINSの各氏に師事。 1996年名古屋市立大学医学部入学。学生時代より、...

  • 松本茜

    松本茜(p)

    1987年11月12日生まれ。鳥取県米子市出身。日本大学芸術学部卒業。 4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始める。小学2年生の時、クラリネット奏者北村英治氏のコンサートで、ジャズと接近遭遇。このコンサートをきっかけに独学でジャズの作曲を始める。 2002年6月、中学3年のとき、MALTAプロデュースの第1回倉吉天女音楽祭に出場、グランプリ受賞。同年10月、「少年の主張」鳥取県大会で『私の夢』と題し、ジャズピアノについての思いを発表。優秀賞・NHK鳥取放送局長杯受賞。 2004年2月、高校1年生のとき、バークリー音楽大学の奨学金オーディションを受験し、学費全額免除の試験に合格。(国内の学業を優先) 同年3月13日、第23回浅草ジャズコンテスト・ソロプレーヤー部門にて金賞受賞。このとき共演したプロミュージシャン、植松良高氏(ds)...

  • 中村健吾

    中村健吾(b)

    2才の時にクラシックギターを学び、17才からエレクトリックベースを始める。 1988年に渡米、バークリー音楽大学に入学。アコースティックベースに転向後、ベースの巨人チャールズ・ミンガスの音楽から多大な影響を受ける。在学中にプロフェッショナルパフォーマンス科ジョン・ナヴァス・スカラシップを受賞。 1991年、 バークリー音大を卒業後、ニューヨークへ移り、ジュリアード音学院の教授であるホーマー・メンチ氏に師事。 1994年、日米混合ユニットであるジャズ ネット ワークスに参加、ロイ・ハーグローヴ、ジェシー・デイビス、デビット・サンチェス、椎名豊、大坂昌彦と『イン ザ ムービー』(BMG)をレコーディング。 1997年、ウイントン・マルサリスが音楽監督であるリンカーンセンター・ジャズ・オーケストラに参加。同年ウイントン・...

  • 海野俊輔

    海野俊輔(ds)

    大学入学後にジャズドラムをはじめ、原大力氏に師事する。 2004年、横浜ジャズプロムナードコンペティションに出場し、海野雅威トリオでグランプリ及び市民賞を受賞。 現在、中村健吾グループ、植松孝夫カルテット、浜崎航&松本茜 Big Catch, 三木俊雄トリオなどのグループの他、サックストリオユニット"UNE"、自己のカルテットなど幅広く活動中。