STAGE

土岐英史

  • 市原ひかり

    市原ひかり(tp)

    自己のグループ(宮川純pf/key、清水昭好bs、横山和明drs)の他に、土岐英史asクインテット/セクステット(6/6)、秋山一将バンド、増原巌トリオ他多くのバンドに参加。ポップミュージックにおいては、山下達郎、竹内まりや、土岐麻子等のレコーディングにも参加している。 本格的なパフォーマンスと、女性ならではの感性をそなえたジャズ・トランペッターである。

  • 片倉真由子

    片倉真由子(p)

     1980年、宮城県仙台市出身。幼少よりクラシックピアノを始める。洗足学園短期大学入学と同時にジャズピアノに転向、ピアノを今泉正明氏に師事。同大学を首席で卒業後、2002年、バークリー音楽大学より奨学金を受け、入学する。在学中より、ボストン市内のライブハウスで、クリス1チャンスコット, デイヴサントロらと演奏を重ねる。2004年、piano achievement awardを受理し、卒業する。卒業後は、ディックオーツ, ジェリーバーガンジーらと演奏を重ね、また、2004年8月に行われたLitchfield Jazz Festivalに、デイヴサントロのピアニストとして出演する。2005年9月、ジュリアード音楽院入学。ピアノをケニーバロンに、アンサンブルをカールアレン, ベンウォルフに師事。在学中より、ハンクジョーンズ, ドナルドハリソン, カールアレン, ベンウォル...

  • 佐藤恭彦

    佐藤恭彦(b)

    佐藤“ハチ”恭彦(さとうハチやすひこ) 1968年11月26日に誕生。群馬県高崎市出身。一日中FMラジオから音楽が流れる家庭に育ち、 五歳からのピアノを皮切りに、(幸か不幸か、このおかげで絶対音感を得る) ギター、サックス等様々な楽器と音楽に親しむ。 高崎高校在学中は、アルトサックス、ピアノ、エレクトリックベースと、三つの楽器を並行して演奏する。 早稲田大学入学を機に、ウッドベースを本格的に弾きはじめ、在学中よりプロとして活動する。 '97年には、ダスコ・ゴイコビッチ(tp)のツアーに参加し二枚のCDを録音。 その他、デビッド・マシューズ(pf)、エリック・アレキサンダー(ts)、 クリス・ポッター(sax)らの海外ミュージシャンとも共演。 TOKU(flh、vo)のレギュラーバンドのベーシストとして約5年間活躍。 ユキ・アリマサ(p...

  • 奥平真吾

    奥平真吾(ds)

    9才の時にジャズクラブのセッションにおいてドラミングを披露、11才の時にデビュー・アルバムをリリース、24才の時に更なる飛躍を求めてニューヨークに移り住む。その19年間のニューヨーク生活において、ベテランといわれるミュージシャンから、中堅や同年代のミュージシャン達との交流は数多く、ニューヨークに於いてSHINGOの愛称で親しまれる。ニューヨーク滞在中には、奥平真吾のニューヨーク・ユニットとして日本国内のツアーも幾度か行っている。2010年7月に日本へ帰国、これを機に奥平真吾The Forceを再編し、 ドラマーをリーダーとする先鋭的なバンドとして活動を行っている。ピュアなジャズドラマーとして世界が認めるドラム奏者である。リーダー・アルバは1978年「処女航海」、1995年「キリフィ」、1996年「マコンデ」、1998年「アリセマ」...

  • 土岐英史

    土岐英史(sax)

    土岐英史 1950年2月1日 神戸に生まれる 大阪音大付属高校クラリネット科、大阪音楽大学サックス科 中学時代にクラリネットとサックスを始め、ジャズを試みる。 クラリネットのレッスンも受ける。 高校入学後、16歳でプロとしてデビュー。 春・夏・冬の休みには、自由ヶ丘「5スポット」にて鈴木勲、新宿「ピットイン」 「タロー」等のジャズクラブで、多くのミュージシャンとセッションを重ねる。 関西では、大塚千枝子(p)、赤松二郎(sax)にビーバップを学ぶ。 大学進学後、阪口新に師事。又、学生仲間のタイガー大越、向井滋春、大村憲司らと ライブ活動、又、渡辺貞夫、増尾好秋、本田竹広、峰厚介らとセッション。 70年、鈴木勲グループ、宮間利之とニューハード(リード・アルト兼メイン・ソリスト) 72年、日野皓正クインテットに参加...