STAGE

花岡詠二 スヰング・オールスターズ

スウィング・キング率いる豪華バンド。 ベニー・グッドマンスタイルのスイング&ハッピーなディキシー・サウンドを!

  • 花岡詠二

    花岡詠二(cl)

    東京都出身、日本大学藝術学部音楽学科卒。 我が国を代表するクラリネット・プレーヤー。 クラリネットを大橋幸夫、北爪利世各氏に師事。在学中より自己のコンボを率いる。 ベニー・グッドマン・スタイルのスイング・コンボ「花岡詠二スヰング・オールスターズ」をメインに、その他コンボからオーケストラまで様々なスタイルのグループを編成し、多彩な芸達者振りを披露している。 海外では1996年よりオランダのブレダ市で開催されるブレダ・ジャズ・フェスティヴァルに毎年招聘され、他ヨーロッパ各地、そしてアメリカのフェスティヴァルにおいても好評を得ている。 1986年6月13日に他界したベニー・グッドマンのメモリアル・コンサートを毎年6月に開催している。 日本大学藝術学部講師も兼任。 Ted...

  • 青木研

    青木研(bj)

    7歳頃、戦前音楽に使われていたバンジョーのサウンドに強い魅力を感じる。 13歳で初めてバンジョーを手にしてから、ディキシーランドジャズで使われる4本弦のバンジョーをほぼ独学でマスターする。 バンジョー主体の演奏の他、数多くのディキシーランド/スイングジャズの演奏家をはじめ、ブルーグラス、ジャグバンド奏者、管弦楽団、吹奏楽団との共演、ソリスト、歌手等のサポートなど多種のステージを通し、楽しげなステージングと華麗なテクニックで観客を魅了している。 日本では数少ない、ソリストとして演奏することのできるバンジョー奏者。

  • 佐久間和

    佐久間和(g)

    ジョージ・ヴァン・エプス、チャーリー・クリスチャン等のオーソドックスな伝統的ギタリストに傾倒。 画家でジャズ愛好家だった父の影響で幼少よりジャズに親しみ、13歳から本格的にギターを学ぶ。 スウィングジャズを得意とし、近年では大変に貴重な演奏スタイルでもあるカッティング・ギター奏法による演奏は、非常に高い評価を得ている。 現在、花岡詠二スヰングショッツの他、様々なスウィングユニットで活躍中。 自身のCDの他、鈴木直樹のアルバム「MELODIOUS TIME」にも参加。

  • 山本琢

    山本琢(p)

    1966年生まれ。東京都東久留米市出身。高校時代から独学でピアノを始める。1985年頃からプロ活動を始め1989年に渡辺正典とキングクレオールに参加。主にディキシーランドジャズを演奏した。その他モダンジャズ、サルサのバンドなどで活動。 1990年メキシコ、キューバに遊学。現地のミュージシャンと共演するなどし交流する。帰国後はラグタイム、ストライド、スイングスタイルのピアノの研究に意欲的に取り組み、2002年から花岡詠二スイングオールスターズのメンバーになる。 現在、ソロやセッションで都内各地のライブハウス、ホテルに出演。

  • 加藤人

    加藤人(b)

    テューバを宮川輝雄、ベースを青木喬嗣の両氏に師事。 宮崎忠一&デキシーキャッスルを経てフリーとなり、その後スウィング、デキシー系の演奏者として活躍中。 花岡詠二スウィングショッツ、武小百合Take5のレギュラーメンバー。 ヴァイオリン岸倫子の主催するNyan-PEACEのメンバーとして被災動物救護支援コンサートにも参加している。

  • Johnie Faren

    Johnie Faren(ds)

    ジョニー・ファーレン シカゴ出身。シカゴ在住。 ジャズの環境に恵まれて育ち、10歳の頃にはアマチュア・コンテストで優勝。1960年にジーン・クルーパに出会い、指導者の紹介を受けている。また12歳時にはシンフォニー・オーケストラのメンバーとしても活動し多彩な経験を積む。 彼はショーマンシップたっぷりなドラマーであると共に、凄腕のビジネス・マンでもあり、数々のイベントを企画、成功させている。 花岡詠二とはオランダ・ブレダ・ジャズフェスティヴァルで出会い、以来親交を深め、お互いに「ジーン(Gene Krupa)」、「ベニー(Benny Goodman)」と呼び合っている。 又、愛妻が韓国人であるところから、アジアにも広く出向き、各国で頻繁にコンサートを開き成功を収めている。 Teddy Wilson, Bobby Hackett, Joe Venuti, Dukes Of Di...