STAGE

ジャミン・ゼブ

男性コーラス・ユニットとしてシーン最高の評価も高い若き4人組、今年もまた!

  • Kojiro

    Kojiro(vo)

    5歳から17歳までピアノを習う。 早稲田大学卒業後「自分には歌が合っている」と確信し、ライブ活動を始める。 多ジャンルに渡る演奏で経験を積む中、スティーヴと出会い、ジャミン・ゼブを結成。 繊細な表現を得意としていて、「癒し担当」「バラード王子」の異名を持つ。 またグループの最年長、リーダーとして、個性的なメンバーたちをまとめている。

  • Steve

    Steve(vo)

    慶応大学在学中は、ワグネル・ソサィエティー男声合唱団において学生指揮者を務めた。 また2003年に行われた第3回はこね学生音楽祭には有志によるグループで参加、最優秀賞を受賞。 指揮法を故・北村協一氏に師事。 ジャミン・ゼブでも、コーラスのまとめ役として一役買っている。 素直で伸びやかな声質が特徴だが、 低音から得意とするファルセットまで、その声域の広さは驚異的。

  • Lensei

    Lensei(vo)

    12歳でコーラスを始め、グリフィス大学クイーンズランド音楽院で作曲とエンジニアリングを学ぶ。 豪でバーバーショップをはじめ、数々のコーラス・グループに参加。 2006年、東京に居を移すとすぐに、コージロー、スティーヴ、シモンとの出会いが待っていた。 ややハスキーなハイトーンと、ネイティヴの英語が、ジャミン・ゼブの個性に大きく貢献している。 作詞・作曲・アレンジにも才能を発揮し、ジャミン・ゼブはもちろん、様々なアーティストに楽曲を提供している。

  • Simon

    Simon(vo)

    高校時代から歌い始め、ア・カペラ・グループを組んで活動してきた。 大学の先輩であるスティーヴからグループに誘われ、 学生時代は忙しい日々を送ったが、プロ活動と学業を見事に両立させた。 恵まれた体格から発せられる太い低音は、誰にもまねすることができない。 近年、ソロ・ヴォーカルにも秀でた才能を発揮し、ジャミン・ゼブに、ワイルドでダイナミックな一面が加わった。