ARTIST

パンフレットをダウンロード

赤崎真由美

赤崎真由美

ケイコ・リーの指導のもと、名古屋を拠点として活動を始める。
個性的でハスキーなローヴォイスを持つジャズシンガーとして知られる。
2005年、1stアルバム「エントランシング」(Pf:水野修平、Dr:大坂昌彦、Tb片岡雄三) をリリース。同メンバーと共に、愛知芸術劇場にてファーストジャズコンサートを開催、大成功を収める。

2006年夏に単身渡米し、Western Michigan大学にてvocal improvisationを受講する。その後、ケンタッキー州のThe University of Luisvilleで、Jamey Aebersold Summer Jazz Workshopに参加、意欲的にジャズを探求している。

ホームページ

MOVIE

出演ステージ