ARTIST

パンフレットをダウンロード

土岐英史

土岐英史

土岐英史 1950年2月1日 神戸に生まれる

大阪音大付属高校クラリネット科、大阪音楽大学サックス科
中学時代にクラリネットとサックスを始め、ジャズを試みる。
クラリネットのレッスンも受ける。
高校入学後、16歳でプロとしてデビュー。
春・夏・冬の休みには、自由ヶ丘「5スポット」にて鈴木勲、新宿「ピットイン」
「タロー」等のジャズクラブで、多くのミュージシャンとセッションを重ねる。
関西では、大塚千枝子(p)、赤松二郎(sax)にビーバップを学ぶ。
大学進学後、阪口新に師事。又、学生仲間のタイガー大越、向井滋春、大村憲司らと
ライブ活動、又、渡辺貞夫、増尾好秋、本田竹広、峰厚介らとセッション。
70年、鈴木勲グループ、宮間利之とニューハード(リード・アルト兼メイン・ソリスト)
72年、日野皓正クインテットに参加
73年、川崎燎クインテット、板橋文夫カルテット
74年、土岐英史カルテット「渡辺香津美(g)井野信義(b)スティーブ・ジャクソン」結成
第一回新宿ジャズ賞受賞
75年、ファーストアルバム 『TOKI』、セカンドアルバム『LOVERMAN』を発表。
76年、松岡直也と出会い、後にウィシング(サルサ・フュージョンバンド)となる、セッションに参加する。
77年、ジャズクラブでのライブ活動、スタジオ・ワーク、尚美音楽院の講師など多方面に活躍。
ファーストアルバム『TOKI』を聴いたマリオン・ブラウン(sax)の推薦で、
『W.スミス&トキ』をレコーディング。米ダウンビート誌で四つ星半の高い評価を得る。
78年、マリオン・ブラウンの後押しで、ニューヨークにてアルバム・レコーディング『CITY』を行なう。
「トミー・フラナガン(p)レジー・ワークマン(b)ジョー・チェンバース(d)」
マカオで開催されたアジア・ジャズ・フェスティバルに招かれる。
79年、松岡直也とウィシングのメンバーとして、スイス・モントゥルー・ジャズ・フェスティバルに出演。
L.A.にてレオン・チャンクラー(d)デビッド・T・ウォーカー(g)フローラ・プリム(vo)らと『PACIFIC JAM』をレコーディング。
ブラジルのミュージシャン等と「RIOSOM」を結成、『BRASIL』を発表。
84年、映画「ザ・ライダー/よみがえるヒーロー」の音楽を担当。
85年、CHICKEN SHACK 結成、翌年『CHICKEN SHACK』をリリース。以後、このバンドで約10枚のアルバムをリリース。
L.A.「AT MY PLACE」ライブなど、数多くのライブを行なう。
89年、TOKI & CRUISING 結成、マンスリーライブを行なう。
('95 通算25枚目のアルバム『NIGHT CRUISE/TOKI&CRUISUNG』リリース)
90年、ブラジルのボーカリスト、レイラ・マリアのレコーディングにプロデューサーとして、リオデジャネイロに招かれる。 パリのライブハウス「NEW MORNIG」の10周年ライブにカルテット「高瀬アキ(p)井野信義(b)村上寛(d)」で出演。
現在は、土岐5、CHICKEN SHACK、TOKI & CRUISUNG 、6/6、などで活躍中。大阪音楽大学客員教授

ホームページ

MOVIE

出演ステージ